連載コラム・日本の島できごと事典 その141《リュウキュウアユ》渡辺幸重

リュウキュウアユ(ホライズン「奄美大島の川」サイトより)

【LapizOnline】国立環境研究所の「侵入生物データベース」サイトでリュウキュウアユの分布図をみると、奄美地方が「自然分布」、沖縄島周辺が「外来分布」となっています。リュウキュウアユは元々奄美大島と沖縄島に自然分布していたはずなのにこの違いは何なのでしょうか。 “連載コラム・日本の島できごと事典 その141《リュウキュウアユ》渡辺幸重” の続きを読む

Lapizstory《出雲の神々そして鬼が行く道006》片山通夫

【LapizOnline】鬼が行く道

鬼たちが山中深く棲んでいる地域が丹波の国である。丹波は福知山(京都府下)や篠山(兵庫県下)にまたがる地域をいう。この地域に鬼が出てくる記録は、平安時代にさかのぼる。陰陽師(おんみょうじ、おんようじ)が活躍した頃である。陰陽師は平安の頃、人が理解できなかった世の中の事象を解決した神に近い存在だった。 “Lapizstory《出雲の神々そして鬼が行く道006》片山通夫” の続きを読む

ご挨拶:609studio編集室

琵琶湖畔・菅浦

暑中お見舞い申し上げます。
毎日厳しい暑さが続いております。如何お過ごしでしょうか?
皆様におかれましても充分お気をつけてお過ごしください。

現代時評《配達員の「なりすまし」横行》山梨良平

【609studio】《配達員の「なりすまし」横行》こんな見出しの記事が目についた。昨今、「なりすまし」が横行していることは知っていた。誰かになりすまして、SNSなどに書いたり、返事をしたり・・・。しかしこの「配達員に」と言うことは実態のある人間になりすましたのかと気になった。
記事は東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/337940?rct=t_news “現代時評《配達員の「なりすまし」横行》山梨良平” の続きを読む

連載コラム・日本の島できごと事典 その140《王直》渡辺幸重

平戸市の王直像(「日本掃苔録」サイトより)

【LapizOnline】王直(おうちょく:?―1559)は中国・明代の海商で後期倭寇の頭目です。民間の貿易を許さない明を逃れて日本の五島列島や平戸島(いずれも長崎県)を本拠地として中国人、ポルトガル人、南洋人らと密貿易を行いました。自らを徽王(きおう)や五峰大船主と称し、武装船団を率いて強大な勢力を誇りました。日本国内の有力者と海外勢力を結ぶ役割もしており、日本史を物語る上で重要な人物です。日本への鉄砲伝来にも関係しているとみられています。最後は国禁を侵したとして明朝に捕らえられ処刑されました。 “連載コラム・日本の島できごと事典 その140《王直》渡辺幸重” の続きを読む

◆◇現代時評《梅雨》片山通夫

【609studio】梅雨真っただ中である。以前は「男性的な梅雨」などと激しく降って、あくる日にはカラッと晴れる梅雨だとか、「カラ梅雨」と言って雨がまったくと言って降らない梅雨をこう呼んだ。しかし「男性的な梅雨」と言う表現は「セクハラ」だということかどうかわからないが、既に姿を消した。「カラ梅雨」はいわゆる梅雨であろう期間にもかかわらず雨の降らないことを表現する。こちらの呼び名は健在のようだ。 “◆◇現代時評《梅雨》片山通夫” の続きを読む

609studio《7月になりました》編集部

【609studio】旧暦7月を文月(ふづき、ふみづき)と呼び、現在では新暦7月の別名としても用いる。文月の語源は稲の穂が実る頃と言う意味の「穂含月(ほふみづき)」が転じたという説や七夕に書物を干す行事があり書物(文)を開くと言う意味から来たと言う説も。 “609studio《7月になりました》編集部” の続きを読む

LAPIZ STORY《出雲の神々そして鬼が行く道002》片山通夫

イメージ

【LapizOnline】神在月
今一つスケールの大きい話がある。出雲の国には「神在月」と言う月がある。出雲以外の国では「神無月」と呼ぶ。旧暦10月。全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月を指す。・・・と言うことは、10月生まれで大阪(出雲ではない)生まれのボクなんぞ、神様が留守の間に生まれたと言うことだ。神無月生まれのボクは神様のいない月の子供だったわけである。特に信心深いわけではないが、神様の留守中に生まれるとなると、いささか微妙な気分になる。しかしよくしたもので、「留守神」と呼ばれる留守番の神々が全国各地におられたという。簡単に説明すると、恵比寿(えびす)神、金毘羅(こんぴら)神、家の竈(かまど)や土地に根づいた「荒神(こうじん/あらがみ)」たちが留守番してくれているようだ。そういえばボクの家にも竈あり、薪で煮炊きしていた。大阪では竈のことを「へっつい」さんと呼んでいた。だから10月の神無月でもよく考えてみれば大丈夫なわけだった。竈の神様がしっかりと留守神として守ってくれていた。・・・はずである。 “LAPIZ STORY《出雲の神々そして鬼が行く道002》片山通夫” の続きを読む

LAPIZ STORY《出雲の神々そして鬼が行く道 001》片山通夫

イザナミとイザナギ

【LapizOnline】最初にお断りしておきたい。ここに書いた歴史書ともいえないSTORYは単なる筆者の妄想に近い話である。

はじめに

ボクは2022年秋に一冊の写真集を出版した。「Once Upon a Time」と名付けた。そう1960年代から撮り始めた写真でボクの半生の集大成だ。大きなきっかけはあの新型コロナのせいである。2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が我が国で始まったと記憶する。とにかく大騒ぎだったことはよく知られている。そんな中、写真は「現場へ行かなければ撮れない」ものだと固く信じていて困った。いろいろ考えてボクは「段ボール箱4個分のかつて撮ったフィルム」を整理することにした。カビで黒い斑点いっぱいのネガなどを呆然としながら2か月ほどは眺めただけだった。そのうちコロナも収まるだろうと甘い考えで…。しかしご存じのようにそうはならなかった。友人たちと飲みにも行けなかった。仕方がないので、フィルムを整理することにした。先に述べたように半世紀程に渡る期間のフィルムである。ほとんどを捨てたがやはりかなりの数が残った。それからが大変だった。山とあるフィルムを1本1本ライトボックスの上に広げてざっと見る。そして「これは!」と感じたフィルムを別の段ボール箱に放り込む。毎日約2か月程だったか同じことの繰り返しをした。そのあとの仕事が大変だった。ボクのようにずぼらな人間はこの後地獄を見た。カビを落とすという作業だ。ところが簡単には落ちないもので、エチールアルコールのしみ込ませたガーゼでフィルムを擦ったけれど、落ちたカビはわずかだった。アルコールはボクを酔わせた。ラりったのだった。この時点でアルコールで溶かせるという案は断念し、まずデジタル化した。つまり作品となる画像をまず選んで、フィルムスキャナーで読み取ったわけである。その後もう一度取捨選択した画像を写真加工ソフトで修正を加えた。
この時点でほぼ一年かかったのではないかと記憶する。
しかし世間ではまだまだコロナウイルスが暴れまくっていた。電車に乗るのも「危険」な常態だったので、事務所を引き上げることにし、自宅で作業をすすめることにした。
そうしてようやく写真集”Once Upon a Time”にまとめる仕事をデザイナーにお願いでき刷り上がった。
アマゾンで買う

神々の出雲

さて貧乏性のボクはやはりカメラをポケットにウロウロしている。サハリンへは「ロシアがウクライナに侵攻してから」サハリンへは行けなくなった。そして昔から気になっていた丹波の国に通っている。具体的に言うと出雲(島根県)丹波篠山(兵庫県)、福知山(京都府)の辺りだ。

ボクは出雲の国と丹波の国になぜか惹かれてきた。今はもうない「急行三瓶(さんべ)」と言う列車が夜の大阪駅を出発するのを良く眺めていた。三瓶は大阪~浜田・大社という区間設定で1961年10月から走っていたらしい。勿論三瓶は出雲の国の三瓶山から名付けられたものだった。そしてこの山は山口県にある阿武火山群(あぶかざんぐん)とともに中国地方に存在する二つの活火山のひとつである。
「急行三瓶」は大阪を出ると尼崎から福知山線に入り篠山口という駅に着く。この篠山口からバスに乗り換えて篠山に向かうと城下町篠山である。またこの町はデカンショ節で名高い。寄り道はともかく篠山口を出た急行三瓶は福知山で京都から延びる山陰線に合流し、鳥取、米子、松江を経て出雲に到着したらしい。「らしい」と言うのは、残念ながらボクはこの列車に乗ったことがないからだ。

三瓶山のことを書く。出雲には神代の時代から出雲大社があり、この山も勿論神話に出てくる。何しろ神様の時代の話だからスケールは大きい。少し引用してみる。

昔々、出雲の創造神、八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)は出雲の国を見渡して「この国は、細長い布のように小さい国だ。どこかの国を縫いつけて大きくしよう」とお思いになりました。(なんて乱暴な話だ!) そこで、どこかに余分な土地はないかと海の向こうを眺めると、新羅(しらぎ)という国に余った土地がありました。ミコトは、幅の広い大きな鋤(すき)を使い、大きな魚を突き刺すように、ぐさりと土地に打ち込み、その魚の身を裂いて切り分けるように土地を掘り起こし、切り離しました。
そして三つ編みにした丈夫な綱をかけて、「国来、国来(くにこ、くにこ)」と言いながら力一杯引っ張ると、その土地は川船がそろりそろりと動くようにゆっくりと動いてきて出雲の国にくっつきました。こうして合わさった国は、杵築(きづき)のみさき【出雲市小津町から日御碕まで】になりました。その時、引っ張った綱をかけた杭が佐比売山【さひめやま、現在の三瓶山(さんべさん)で、その綱は薗の長浜になりました。

ざっとこのように三瓶山は他所から土地を引っ張った綱や網をかける杭だったという話が載っている。ヤマトの神話に比べてスケールが大きい。そしてこれらの神話に出てくる舞台は、現在の地形や地名と合致する。この話の舞台となる出雲地方を地図で確認すると、宍道湖・中海の南側に出雲本土があり、北側には東西に細長い島根半島があり、この島根半島が四つの大きな地域に分かれていることに気づく。つまり必ずしも嘘八百を並べたのが神話だとは言えないのではないかとボクは思うのだ。こうして他国から出雲に土地を引っ張ってこの国の面積を大きくすることに成功した神様は酒を飲み、歌いそして舞ったことだろう。およそ我が国の神々はアマテラスが天の岩屋に隠れた時代から酒と歌と踊りが必須だったと記憶する。この伝統は高天原から当然のごとく葦原中国(あしはらのなかつくに)に、そして我らが出雲にも伝わったはずである。「お神酒上らぬ神はない」とばかりに、我が国では酒や歌、そして舞は「宴(うたげ)」について回る。これらの話は出雲風土記や古事記そして日本書記などに書かれている。

出雲の国は日本海に面した国だ。山陰と呼ばれているように、山陽の岡山や広島とは違って冬は厳しい気候である。しかしながら朝鮮半島や7世紀末に中国東北部を中心に建国されたツングース系民族の国、渤海(渤海)に海を隔てて近いがゆえに海外から知識や思想とともに技術をとり入れる度量も欲もあっただろう。そのあたりが瀬戸内海に面して国内の力関係に目を向けた国々とは違った考え方や技術が出雲にはあったのではないか。奥出雲に今も伝わる「たたら」という製鉄技術もそうであろう。
このことは「ツングース文化と日本文化との比較研究」という論文に詳しい。
file:///C:/Users/mk/Downloads/SDR60005.pdf

この頃続く

オピニオン《「夢の島」か「夢洲」か》片山通夫

来年に開幕を控えた関西万博だが、《爆発後に「他にはない」と断言したのに…可燃性ガス4カ所で発生 大阪・関西万博会場 「出ないわけないやん」 》と6月1日付東京新聞。
可燃性ガスが開催後に観客を傷つけるケースもと小中学生を無料招待も危うくなってきた。 “オピニオン《「夢の島」か「夢洲」か》片山通夫” の続きを読む

連載コラム・日本の島できごと事典 その139《屋久島憲法》渡辺幸重

屋久島の山岳

【LapizOnlin】私が小学生だった頃、担任の先生から「屋久島には屋久島憲法という立派なものがある」と聞き、内容がわからないままに誇り高い気持ちがしたものです。あとになって知ったのですが、それは日本国憲法と同じような憲法ではありませんでした。正式名称は「屋久島国有林経営の大綱」と言い、1921(大正10)年に農商務省鹿児島大林区によって発表された山林管理と利用に関する基本的な決まりでした。島の山林のほとんどを国有林にする一方で一部を地元で利用することを許すという内容ですが、その“屋久島憲法”ができるまでには入会山林(共有林)を強制的に国有林にした明治政府に対する地元の闘いがありました。 “連載コラム・日本の島できごと事典 その139《屋久島憲法》渡辺幸重” の続きを読む

現代時評《出入国管理法改定とマクリーン判決》井上脩身

出入国管理及び難民認定法(出入国管理法)の改定案が6月9日、参議院で可決された。改定法は、難民申請が3回目以降の人を強制送還の対象とするなど、政府とって「好ましくない人」をこれまで以上に強圧的に排除できるようにした。私は先月、本欄で我が国の憲法の基本原則である国民主権の「国民」が日本国籍を有する者である点をとらえ、「人民不在の国民限定憲法」であると指摘した。 “現代時評《出入国管理法改定とマクリーン判決》井上脩身” の続きを読む

とりとめのない話《風と気配と地蔵さんと》中川眞須良

イメージ

【LapizOmlime】「お摩り尊 空圓寺」

少し雲行きが怪しくなってきた。村なかの細い路地を何度も曲がって歩いていると 後ろからの風が 私を追越し すぐ先の門扉がいっぱいに開かれた古い寺に舞い込んで行った。その後を追うように又誘われるように中へ・・・。 “とりとめのない話《風と気配と地蔵さんと》中川眞須良” の続きを読む