現代時評プラス《乗り換えを始めた安倍応援団新聞》:片山通夫

はっきりとした傾向がみられる。安倍首相が憲法改正に関して「私の考えは読売新聞を熟読していただきたい」と国会で「答弁」したことは、記憶に新しい。この「答弁」で読売新聞は「政府広報紙」、もしくは「自民党機関紙」としてのポジションを確保した。
続きを読む 現代時評プラス《乗り換えを始めた安倍応援団新聞》:片山通夫