Monthly Archives: 7月 2017

297月/17

写真日記「オホーツクへ」002

旭川から東に一本の国道が通る。39号線だ。国道の事だから、定規で線を引いたようには直線ではない。途中、石北峠も越えなければならない。一体に北海道は主要都市間には必ずと言って良いほど大きな難所、つまり峠が存在する。例えば旭川・北見間の石北峠、中山峠 (国道230号):札幌市南区と虻田郡喜茂別町、知床峠:羅臼町と斜里町、日勝峠:日高町と清水町の境界にある峠等が有名だ。

Continue reading

287月/17

写真日記「オホーツクへ」

 今更だけど北海道は広い。例えば北海道の中心の町・札幌を起点にして北の果て・稚内へは330キロある。釧路へは300キロ、そして函館へはやはりこれも300キロほど。本州で言うと仙台・東京間は260キロ。東京・名古屋間が350キロ程度だから、札幌と他の主要都市間に匹敵する。

Continue reading

267月/17

現代時評《逃亡する最高司令官》:片山通夫

昔「逃亡者」と言うテレビドラマがあった。1963年に放映された。本稿の末尾にあらすじの一部を記載しておく。このドラマは1993年にハリソン・フォード主演でリメイクされている。こちらを見られた方も多いことと思う。本稿の末尾にあらすじを掲載しておく。この映画とは直接関係がないし、ストーリーも全く違うのだが、最近の安倍首相を見ているとなぜかこの「逃亡者」という映画が思いだされるのだ。これはきっと「逃亡」と言う単語に敏感に筆者が反応している結果だと気が付いた。
Continue reading