現代時評プラス《忖度以上、圧力未満》:片山通夫

安倍スキャンダルがますます混迷の体をなしてきた。いや混迷なんて生易しい言葉では言い表すことはできないような状況だ。およそ国民の半分以上が(80%ともいわれている)納得できない中で、首相や財務相がいくら「潔白だ。忖度はない」と言っても、(見ようによっては人を小ばかにしたように)ニヤニヤ笑っていては、信用できるわけがない。
続きを読む 現代時評プラス《忖度以上、圧力未満》:片山通夫

現代時評《沖縄基地闘争とテロ等準備罪》:井上脩身

沖縄県の高江ヘリパッド建設に抗議中に逮捕された山城博治沖縄平和運動センター議長(64)の勾留が、今月16日で5カ月にも及ぶことになった。有刺鉄線を切断した器物損壊容疑でこのような長期勾留は極めて異常だ。山崎議長が中心になって進める米軍基地反対運動に対する弾圧の一環であることは明らかであろう。政府は「テロ等準備罪」の新設を目指しているが、山城議長不当勾留をみれば、同罪の目的がはっきりする。政府に反対する運動は、それが市民団体であっても「テロを実行する組織的犯罪集団」として摘発し、根絶やしにしようというものだ。すでに同罪は事実上、前倒し的に実施されているのである。 続きを読む 現代時評《沖縄基地闘争とテロ等準備罪》:井上脩身

【609 STUDIO】メール・マガジン2017年3月28日 NO.804

【609 STUDIO】メール・マガジン2017年3月21日 NO.804 主な項目 《PR》e-Magazine Lapiz のホームページが変わりました!進化する!深化するLapiz 《PR》《サハリン逍遥》 片山通夫写真集 サハリン残留朝鮮人の取材のため15年間サハリンに通った写真家が自然や人々の暮らしを折にふれて撮りためた素顔のサハリン。さり気ないアプローチでとらえた被写体にユーモラスな文... Read More | Share it now!

現代時評+ 《SNSが面白い・・って言ってられないぞ!》:片山通夫

グーグルの画像検索で「 political pressure japan(政治的圧力・日本) 」と入力したところ、安倍首相の写真が無数に出てきました。「Abe」の3文字を一切入力していないにも関わらず!世界の認識がどういうものであるかを、端的に表しています。 とは、idonochawanさんから ... Read More | Share it now!

ギャラリー:四季を撮る《閑谷学校》:片山通夫

閑谷学校は岡山県にある江戸時代前期に岡山藩によって開かれた庶民のための学校である。「しずたにがっこう」と読む。その名の通り、結構な山あいに位置する。庶民の学校なので、庶民が学んでいた。 1666年10月、池田光政(左)は津田永忠の案内で閑谷を訪問し、この地に庶民教育の学校を設置することを決めた。1669年、池田光政は岡山城下の西中山下に岡山藩学校を設置した。続いて1670年(寛文10年)、池田光政... Read More | Share it now!