[:ja]現代時評+《今SNSがおもしろい!【安倍晋三記念小学校】》:片山通夫[:]

[:ja]Twitterから拾ってみた。
この写真の方は、今を時めく森友学園の籠池理事長。かつて安倍首相の覚えも良かった、首相夫妻にとっては「過去の触れられたくない方」である。

 

 

 

 

続きを読む [:ja]現代時評+《今SNSがおもしろい!【安倍晋三記念小学校】》:片山通夫[:]

[:ja]現代時評+《今SNSがおもしろい!マスコミが書かない不都合が読める》:片山通夫[:]

[:ja]安倍首相夫妻肝いりの「極右学校」が問題になっている。ようやくテレビも取り上げるようになってきた。何しろ国民の財産10億円の不動産を差し引き200万円で手に入れた「錬金術師」の話だ。
そこでその「錬金術師・極右学校」を読み解く前に我国の崇高な「教育基本法」なるものをちょっとだけ紐解いてみた…。
続きを読む [:ja]現代時評+《今SNSがおもしろい!マスコミが書かない不都合が読める》:片山通夫[:]

[:ja]現代時評《日米首脳会談を読み解く》:井上脩身[:]

[:ja]安倍晋三首相は10日、アメリカのトランプ大統領と首脳会談を行った後の共同記者会見で「日米同盟は強固な揺るぎない絆」と述べ、「緊密な関係」であることを強調した。問題は緊密の中身だ。同首脳会談の2週間前、米英首脳会談が行われ、「米英の特別な関係」を確認し合っている。米英の特別な関係とは、核兵器の共有にほかならない。その米英関係が日米同盟のモデルというのが従来のアメリカの態度である。トランプ大統領の最初の首脳会談の相手がイギリスのメイ首相、2人目が安倍首相であることを考え合わせると、トランプ政権は日米間の米英的特別関係化に一歩踏み出したと捉えるべきだろう。トランプ政権は近い将来、米国製核兵器の保有をわが国に求めてくる、と私はみる。
続きを読む [:ja]現代時評《日米首脳会談を読み解く》:井上脩身[:]

[:ja]現代時評+《今SNSがおもしろい!マスコミが書かない不都合が読める》004:片山通夫[:]

[:ja]

続きを読む [:ja]現代時評+《今SNSがおもしろい!マスコミが書かない不都合が読める》004:片山通夫[:]