Category Archives: 現代時評プラス

246月/17

現代時評プラス《慰霊の日におもう》:片山通夫

6月23日、つまり昨日は沖縄の慰霊の日だった。何年か前にこの日の取材に出かけたことがあった。摩文仁の丘にたたずんで海を見ていると、当時のことを描いた絵や写真を思い出したものだ。海にはびっしりと連合軍(アメリカ?)の艦船が浮かんでいた。 Continue reading

126月/17

現代時評プラス《嘘でしょ!?いやホントみたい「印象操作」》:片山通夫

 「北朝鮮のミサイル発射が相次ぐなか、山形県酒田市でミサイル発射を想定した避難訓練が行われました」こう伝えるのはテレビ朝日のニュース番組。 前には「東京メトロが約10分間停止した」というニュースがあった。安倍総理得意の「印象操作」がまかり通っているかのようだ。 Continue reading

195月/17

現代時評プラス《詠み人知らず》002:片山通夫

 

一方、安倍友のトランプ大統領だが、同陣営とロシア当局との関係を巡っては、FBIが本格捜査に乗り出そうとしたさなかに、トランプ大統領がFBI長官だったジェームズ・コミー氏を解任したことから、大統領や政権に対する批判が相次いでいた。 Continue reading

294月/17

現代時評プラス《北朝鮮のミサイルが・・・》:片山通夫

  今日早朝に北朝鮮がミサイルを発射したというニュースが流れた。そのニュースの出所はNHKの7:00によると、韓国の通信社(聯合ニュース?)だという。そりゃ、韓国は「臨戦態勢」だろうから、国防に怠りはないだろうけど、安倍首相以下、閣僚の殆どがこの連休を利用して「外遊」している国だもの、外国の通信社の情報が一番早いって、どうなんだろう?
写真は「軍事オタク」のお二人。
Continue reading

254月/17

現代時評プラス《朝鮮半島情勢まとめ》:片山通夫

安倍政権はやたら危機を訴えている。一方韓国では今大統領選がたけなわ。いずれの国も保守若しくは極右(これは安倍政権のこと)でたらめ政権や党は北朝鮮危機をあおって国民の目を実態からそらしている。

過日ソウルへ行ってきた。今やデモや反政府集会で有名になった光化門広場は、やはり鳴り物入りの集会が行われていた。なんとも激しい国民性だ。いや、我が国のほうが、去勢された(これって女性にはあてはならない表現だ)国民性なのかもしれない。次頁に最近の報道をまとめて見た。どのように判断されるかは読者の理解と洞察にかかっている。写真は夕闇迫るソウルの街
Continue reading