カテゴリー別アーカイブ: コラム

現代時評プラス《忖度以上、圧力未満》:片山通夫

安倍スキャンダルがますます混迷の体をなしてきた。いや混迷なんて生易しい言葉では言い表すことはできないような状況だ。およそ国民の半分以上が(80%ともいわれている)納得できない中で、首相や財務相がいくら「潔白だ。忖度はない」と言っても、(見ようによっては人を小ばかにしたように)ニヤニヤ笑っていては、信用できるわけがない。
続きを読む 現代時評プラス《忖度以上、圧力未満》:片山通夫

現代時評《沖縄基地闘争とテロ等準備罪》:井上脩身

沖縄県の高江ヘリパッド建設に抗議中に逮捕された山城博治沖縄平和運動センター議長(64)の勾留が、今月16日で5カ月にも及ぶことになった。有刺鉄線を切断した器物損壊容疑でこのような長期勾留は極めて異常だ。山崎議長が中心になって進める米軍基地反対運動に対する弾圧の一環であることは明らかであろう。政府は「テロ等準備罪」の新設を目指しているが、山城議長不当勾留をみれば、同罪の目的がはっきりする。政府に反対する運動は、それが市民団体であっても「テロを実行する組織的犯罪集団」として摘発し、根絶やしにしようというものだ。すでに同罪は事実上、前倒し的に実施されているのである。 続きを読む 現代時評《沖縄基地闘争とテロ等準備罪》:井上脩身

現代時評《今、SNSが面白い!》:片山通夫

最近、筆者はSNSに凝っている。面白いのだ。何がって?マスコミには載らないニュースが、真贋織り交ぜて無数と言って良いほどの本数が毎日毎日垂れ流されていることが、とても興味深い。無論、真贋の見極めは難しい。裏を取るったって、ソースが全く同じというケースでも、流される情報にはまるで正反対の場合もある。

続きを読む 現代時評《今、SNSが面白い!》:片山通夫

現代時評《テロ等準備罪の恐怖》:井上脩身

政府はテロ等準備罪の新設を3月中にも閣議決定する方針という。組織的犯罪集団がテロなどの犯罪の合意をし、準備行為をしたことを処罰するというものだ。05年に政府が提出し、廃案になった共謀罪の構成要件を絞り込んだものだが、その根底に流れているのは「共謀段階で一網打尽にする」という先手壊滅主義だ。政府は犯罪集団の具体例としてテロ組織のほか暴力団などを挙げ、「普通の民間団体は対象にならない」としている。だが、列車転覆の共謀をしたとして労働組合員が殺人罪に問われた松川事件の事例をみれば、政府批判グループの弾圧のために「共謀」を悪用する恐れがあると考えるべきだ。
続きを読む 現代時評《テロ等準備罪の恐怖》:井上脩身