一枚の写真《疋田舟川遺構》

疋田運河疋田は敦賀市の町である。場所はちょうど日本海と琵琶湖の中間に位置する。
北陸や北国の年貢米や諸荷物は、敦賀から疋田に陸路運ばれ、疋田から塩津や西近江路で海津に運ばれ、琵琶湖水運で大津、そして京都に運ばれていた。
1672年、西廻り航路が開かれ、敦賀・塩津・大津を経由することなく、北国の諸貨物が、瀬戸内海を通って直接大坂に陸揚げされるようになると、疋田や塩津は徐々に幹線交通路としての地位を失って行く。海上輸送の安全を図るとともに、米の輸送を幕府の管理の元に置き、輸送経費の削減にも役立つものであった。瑞賢による輸送体系の刷新と整備は、西廻海運の隆盛と大阪市場の発展をもたらし、御城米輸送体系としてその後長く用いられたばかりでなく、これを契機に奥羽諸藩の蔵米輸送もこれに習い、従来琵琶湖を経由していた日本海側からの上方廻米もこの方式を基本として行われるようになった。