ソロク島 -日本が作った植民地朝鮮のハンセン病患者収容所―

韓国の南にハンセン病の施設がある。島の名前は小鹿(ソロク)島。この施設は戦前日本が朝鮮半島全域を植民地にしていた時代に日本政府によって建てられた。 小鹿島更生園は、韓国全羅南道高興郡小鹿島に位置したハンセン病療養所。 現在は国立小鹿島病院(Sorokdo National Hospital)として運営されている。シン ジョンファンさんが書いた「小鹿島の半世紀」が詳しい。

撮影・片山通夫