写真日記「オホーツクへ」

 今更だけど北海道は広い。例えば北海道の中心の町・札幌を起点にして北の果て・稚内へは330キロある。釧路へは300キロ、そして函館へはやはりこれも300キロほど。本州で言うと仙台・東京間は260キロ。東京・名古屋間が350キロ程度だから、札幌と他の主要都市間に匹敵する。

札幌の町で写真のようなJR北海道の看板を見つけた。「札幌から全道に繋がる」というキャッチコピーが躍る。北海道新幹線の札幌までの伸長を即するコピーだ。

しかし少し前にJR北海道は次の路線の廃止を含む経営再建策を提案した。

廃止を検討している区間

札沼線 北海道医療大学-新十津川
石勝線 新夕張-夕張
根室線 富良野-新得
留萌線 深川-留萌

単独維持困難区間

日高線 苫小牧-鵡川
日高線 鵡川-様似
宗谷線 名寄-稚内
根室線 根室-釧路
根室線 滝川-富良野
室蘭線 沼ノ端-岩見沢
釧網線 東釧路-網走
石北線 新旭川-網走
富良野線 富良野-旭川

先のキャッチコピーに戻る。
「新幹線で札幌へきてその先はどうするのだろう」と言う素朴な疑問が筆者の頭をよぎった。
あの看板はブラックユーモアなのか。(続く)