百田氏の功罪

百田氏のおかげ?

ryuukyushimpo 小説家の百田氏が暴言を吐いてくれた。「くれた」と言うのはこの場合、ある意味「感謝の念を持って」書いている。例の「沖縄の二紙をつぶせ」発言のことだ。

百田氏は「もともと普天間基地は田んぼの中にあった」 「(米兵よりも)沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方がはるかに率が高い」 「基地の地主たちは年収何千万円だ」 とのたまった。おかげで沖縄の新聞に対する注目度が上がったのではないかと筆者などは考えている。それはともかく、琉球新報は特集を組んだ。(写真)

 

おかげで沖縄県人のみならず、広く沖縄の現状が日本中に知れ渡ったのではないだろうか。(願わくは、日本中の地方紙がこの琉球新報の反論特集をWeb上でリンクされんことを)

すこし紹介したい。《検証 基地をめぐる「誤解」:財政移転は突出せず》を。

「沖縄はゆすりの名人」だとか言った米人もいたように、これは最も陥りやすい間違いのようだ。他の府県に比べて沖縄県は予算面で優遇されているというのは間違い。実際はそうではないようだ。

沖縄県のホームページによると

「平成24年度普通会計決算ベースで見てみると、沖縄県の国庫支出金は全国11位、地方交付税交付金も含めた国からの財政移転では全国17位となっています。 また、人口一人当たりで比較すると、国庫支出金と地方交付税の合計額は全国6位で全国15位まではほぼ同規模になっており、復帰後一度も、全国一位にはなっていません。」と言うことのようだ。

百田氏のおかげでこんなことを知ることが出来た。他の反論は琉球新報を

百田氏は良かれ悪しかれ色々教えてくれ、又知るチャンスを与えてくれた。