現代時評プラス《朝鮮半島情勢まとめ》:片山通夫

安倍政権はやたら危機を訴えている。一方韓国では今大統領選がたけなわ。いずれの国も保守若しくは極右(これは安倍政権のこと)でたらめ政権や党は北朝鮮危機をあおって国民の目を実態からそらしている。

過日ソウルへ行ってきた。今やデモや反政府集会で有名になった光化門広場は、やはり鳴り物入りの集会が行われていた。なんとも激しい国民性だ。いや、我が国のほうが、去勢された(これって女性にはあてはならない表現だ)国民性なのかもしれない。次頁に最近の報道をまとめて見た。どのように判断されるかは読者の理解と洞察にかかっている。写真は夕闇迫るソウルの街

「地面に伏せて頭を守って」 日本政府が北朝鮮ミサイル着弾への対処法を発表
⇒日本政府は朝鮮民主主義人民共和国をめぐる情勢が緊迫化していることを受けて、弾道ミサイルが日本国内に落下した場合を想定した対処方法を公表した。
「北核実験場近くの住民が避難…25日前後に実施の可能性」
⇒ 21日のKBS(韓国放送公社)によると、北朝鮮が最近、豊渓里核実験場付近の住民を避難させる状況が観測されたという。政府消息筋は「北が核実験場近隣に住む住民を避難所に移動させた。前例からみて核実験と関連している可能性が高い」とし「豊渓里核実験場付近の飛行場に科学者らを乗せたと推定される航空機の出現も最近増えている」と伝えた。

米国の北朝鮮関連発言がトーンダウン…「中国はしっかりやっている」
⇒オーストラリアを訪問している米国のペンス副大統領は22日、シドニーで同国のターンブル首相との会談後の共同記者会見で、「韓半島(朝鮮半島)でまだ平和な結果を得られるものと期待する」と話した。「最近のワシントン(米国)と北京(中国)の友好的関係のおかげ」としながらだ。

北朝鮮「米国が敵対政策捨てなければ対話しない」

韓国系米国人 北朝鮮で逮捕=拘束者3人に

北朝鮮機関紙「米空母を水没させる戦闘を準備」

米空母は北朝鮮を攻撃するか

北朝鮮のために韓国を忘れたソ連

中国爆撃機、「高度な警戒態勢」に 北朝鮮の有事を想定

ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

海上自衛隊が米空母カールビンソンと共同訓練開始 北朝鮮へ圧力
⇒4月23日、海上自衛隊は、朝鮮半島近海へ向かう米空母カール・ビンソンとの共同訓練を同日から始めると発表した。日米の緊密な連携を示し、核実験の兆候がみられる北朝鮮に圧力を強める。

米副大統領 空母「カール・ビンソン」の日本海入り期日を明らかに

北朝鮮の核実験場で小規模な活動確認 米研究グループ

中国、金正恩氏へ「亡命」説得か 有事回避のため

北朝鮮の石炭貨物船が中国に入港、禁輸宣言後に

日本、朝鮮半島緊張ムード造成をますます露骨化

【ソウルから 倭人の眼】「日本が緊張煽っている」「度を超した発言」…安倍政権を批判し危機から目そらす韓国 当事者意識あるのか

中国環球時報「韓米が北朝鮮攻撃すれば軍事介入する」

岸田外相 ロシア北朝鮮間のフェリー就航開始に不快感

米空母カール・ビンソンが謎の南下

北朝鮮外務省 米国の先制攻撃準備メッセージに回答

米軍事専門家「北のミサイル、想像以上に恐ろしい水準」

中国、エアチャイナの平壌路線を閉鎖

北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか