《記憶》ヒロシマにて:片山通夫

ヒロシマはボクだけの記憶ではないのは言うまでもない。しかし初めてこの町を訪れたときの衝撃は言葉には言い表せないと《記憶》している。