[:ja]現代時評《プーチン訪日狂騒曲》:片山通夫[:]

[:ja]2日間の「狂騒」が終わった。プーチン大統領に振り回された2日間だった。したたかという言葉を具象したような大統領だった。赤子の手をひねるがごとく安倍首相を翻弄した。

日本のマスコミも全く反省がない。夏の終わりころから「北方領土返還」に対する疑問と言えば「2島なのか4島なのか。いや平和条約が先だろう。経済水域の拡充が・・・」NHKも含めて大狂騒曲が大音響で国中に流れた。そして経済協力だけがクローズアップされて、プーチン大統領は予定時間通りに帰国した。

ロシアのマスコミは北方領土に対する考えは強硬だし、一貫していた。例えば次のような論評が12月17日のスプートニクのサイトに掲載された。

《プーチン大統領訪日の意義は非常に大きい。近い将来に領土問題が解決されるとは期待しないほうがいいにしろ、共同経済プロジェクトの発展を通じて両国は信頼関係を築くことができるようになる。》モスクワ国立大学アジアフリカ諸国大学東洋諸国政治学部准教授でロシア国際問題評議会の専門家イリーナ・ロマーノワ氏はそう見ている

 

それに引き換え、我が国のマスコミの情けなさは通り一遍の言葉では言い表せない。NHKは《焦点となっていた北方領土での共同経済活動について、「平和条約締結に向けた重要な一歩」と位置づけ、四島を対象に行うための特別な制度を設ける交渉を開始することで合意しました。これに関連して、安倍総理大臣は「この会談をもって、平和条約の問題、北方四島の問題が解決したわけではないが、本格的な議論をスタートさせることができた。今後、ロシア法でもなく日本法でもない特別な制度を、これから専門家が協議を行っていくことになる」と述べ、ロシアや日本の法律とは異なる、新たなルールを検討していくことになるという認識を示しました。》と伝えた。

まったく、立場が違うので一概には言えないとは思うが、どうしてNHKは「ロシアのメディアを引用して伝えないのだろうか」という疑問が残る。おそらくプーチン大統領は、G7が行っているロシアへの制裁網に「風穴を開けられた」と高笑いしているに違いない。おまけにクリミアやウクライナの状況に遺憾の意を表しているオバマ大統領の鼻を明かしたわけである。プーチン大統領の圧勝と言っても言い過ぎではないだろう。

ロシアの太平洋艦隊の太平洋への出口は北方領土の海峡である。もし歯舞・色丹を日本に返還(ロシアでは《贈呈》という)すれば、アメリカが、沖縄のように「米軍基地を作る危険がある」とロシアが考えるのは当然の帰結だ。我が国のマスコミはそんなこともわからないのかと思う。首相官邸が安倍首相の意を汲んでそのような考えを表に出すとは思えないが、日本のマスコミの《安倍政権に取り込まれている》状況がより一層明らかになった《プーチン訪日狂騒曲》だった。

この2日で何が変わったか?

話は簡単である。領土は戻らない。しかしバラマキ好きの安倍首相のことだ。経済協力は惜しむまい。しかしこれは従前からわかっていたことである。 そして「片手でイラクやウクライナで戦争をしながら、ボンボン首相の手をひねった」だけである。[:]