[:ja]四季を撮る《秋》倉敷:片山通夫[:]

[:ja]秋の風

芭蕉に

猿を聞く人捨て子に秋の風いかに

という句があった。野ざらし紀行だった。

句の意味は言うまい。野ざらし紀行は次のように続く。

いかにぞや、汝父に悪まれたるか、母に疎まれたるか。父は汝を悪むにあらじ、母は汝を疎むにあらじ。たゞこれ天にして、汝が性の拙なきを泣け。

 

r_160-76 r_163-76[:]