photo essay 《結界のある風景》

(141 - 76)_R

 

 

 

 

 

日本プリント-108-Edit_R 上の写真は高千穂の「アメノヤスガワラ」と呼ばれている河原。天安河原洞窟で天照大神が天岩戸に籠られたとき八百萬神が集まり天岩戸を開けさせる相談をした場所。日本最初の《ストリップショー》がアメノウズメノミコトによって舞われたという。下の写真は出雲大社の注連縄。また神社では必ず見かける注連縄はアマテラスが天岩戸から出た際、二度と天岩戸に入れないよう注連縄(「尻久米縄」)で戸を塞いだのが起源とされている。こう聞くと、注連縄は神様をも束縛する万能の結界なのだ。