photo essay 《国友村物語》:片山通夫

DSCF3538_R_R

国友銃砲火薬店というその名の通り、銃などを扱う会社をご存じだろうか?この国友という名前は滋賀県下の国友村(現・長浜市国友)がその出身だと聞いた。同社のホームページを閲覧すると次のような説明を見ることができる。あの桶狭間の戦いで信長が初めて実戦に国友村の鉄砲を使ったとある。
江州國友(滋賀県長浜市)には古くから刀鍛冶が有名な土地でした。 1544年(天文13年)種子島に伝わる鉄砲を知った将軍足利義晴が鍛冶氏國友善兵衛に鉄砲の製作を依頼したのが、國友鉄砲鍛冶の始まりです。 1560年(永禄3年)、桶狭間の戦いで、その上質の鉄砲に注目した織田信長は日本で初の鉄砲を使用した戦を行いました。これは國友鉄砲鍛冶の製作でした。こうして、火縄銃ブランドの地位を確立した國友鉄砲衆は、信長の下で量産体制に入っていきます。 1575年(天正3年)、長篠の戦では大量生産の國友製鉄砲により信長は一斉射撃の新戦法で武田勝頼に大勝利を得る事ができました。戦国時代、戦の新しいスタイルの幕開けです。國友の歴史:鉄砲 信長亡き後、國友は豊臣秀吉の御用商となりました。一方で、その精巧な銃を高く評価していた徳川家康は1604年(慶長9年)、多種多様の銃砲の製作を國友に大量発注をし、大阪冬の陣に使用しました。昼夜を問わず、大鉄砲にて攻められた大阪城は陥落し、徳川家康は豊臣から天下を勝ち取ったのです。この頃、國友村は500名程の大所帯の鉄砲鍛冶集団でした。鍛冶師たちは、他の姓を持ちながら鉄砲制作時には「國友」の銘を火縄銃に打ちました。 「國友」という鉄砲工場で制作された鉄砲だから品質が保証されている。そのような品質を示すブランドとしての「國友」は、江戸時代を通して一流であり続けたのです。

 こうして、國友は、信長、秀吉、家康とその庇護のもと成長し、江戸時代には幕府直轄の銃砲製造所となりました。