現代時評《甘利前大臣の毒饅頭体質》:井上脩身

「松の廊下賄賂」。甘利明・前経済再生担当大臣の閣僚辞任のニュースにとっさに浮かんだ言葉である。現金を受け取ったとする週刊文春での報道を受けて、1月28日、甘利氏は記者会見し、大臣室や神奈川県大和市の地元事務所で、菓子折りとともにのし袋に入っていた現金それぞれ50万円を受け取った、と認めた。

その報に私は子どもの時にみた忠臣蔵の漫画の中の、吉良上野介が菓子箱の中の大判を数える場面を思いだしたのである。甘利氏は法に従って処理したという。だが、広い意味で賄賂であることには変わりはない。金を受け取ることに平然となれる感覚を私は「毒饅頭体質」と呼んでいる。一見おいしく見える饅頭。その中に潜む毒が政治を腐敗させる、という意味である。

報道によると、甘利氏は千葉県の建設会社から13年11月に大臣室で、14年2月に地元事務所で現金50万円を受け取った。さらに、13年8月、秘書に1000万円を持ちこまれたが、「高額だ」として500万円を返した。残り500万円のうち300万円を秘書が私的に消費した。さらに秘書は多額の飲食接待や現金供与も受けた。

甘利氏本人が受け取った計100万円については「政治資金として適切に処理するよう指示した」と述べ、違法性はないとの認識を示した。結局、秘書の金の受け取りについてのみ「監督責任がある」として閣僚を辞した(1月29日『毎日新聞』)。平たく言えば「オレは悪くないが、秘書がバカなことをしたので責任を取る」というのである。

秘書が300万円を勝手に使った、というのなら横領罪の疑いが濃く、論外である。甘利氏に監督責任があるのは言うまでもない。むしろ問題は2回の各50万円の受領だ。大臣室でのやり取りについて、「建設会社社長が大臣室を訪問し、これはお礼です、と現金50万円入りの封筒をようかんと一緒に(甘利氏に)渡した」というのが週刊文春の記事。これに対し甘利氏は「社長退出後、秘書から『紙袋の中にのし袋がある』と報告があった」と弁明した。

仮に甘利氏の説明通りだとしても、社長が立ち去った直後、甘利氏は現金入りのし袋に気付いたことになる。50万円なら相当の厚みがあるが、「返さねばならない」とは考えなかったのだ。「1000万円は高額だから500万円を返した」ことを甘利氏は認めている。50万円は甘利氏にとって高額ではなかったのだ。

建設会社社長と甘利氏の現金授受場面から冒頭に述べたように、こどものころの漫画の一場面が私の頭によみがえった。どこかの大名から贈られた菓子箱を開けると、お菓子の下に大判がぎっしり。「よし、よし」と吉良は喜び顔。浅野匠内匠頭も菓子折りを持ってきた。開けてみると菓子だけで、大判も小判もない。怒った吉良は内匠頭にいじわるをして礼儀作法を教えない。ついに切れた内匠頭が松の廊下で刃傷に及ぶ、といった次第。

もちろん史実ではない。何とも吉良には気の毒な物語だが、これが賄賂の典型とされてきた。庶民にはほとんど縁がない。庶民に賄賂を贈るメリットはないのだ。

その庶民も選挙では立ち場が逆転する。私は30年余り前、四国のある町議選の運動員に成りすましたことがある。陣営幹部が過去の実例を教えてくれた。立候補の挨拶回りとして、候補者名入りののし紙に包んだタオルを各戸に配る際、その内側に現金をしのばせた。「受け取る方も現金があることは分かっている。『挨拶代わり』なら受け取りやすいのだ」という。

地元の政治学者にこの話をすると「毒饅頭体質です」と解説した。言い得て妙だと思った。菓子折りののし紙や袋と現ナマ。金権選挙のパッケージなのだ。

「クリーンな選挙をやる」といっていた私の陣営の候補者も「票が足らない」と焦りだし、“実弾”に手を染めた。落選し、12年後にようやく当選した。ところが汚職で逮捕され、議員をやめさせられた。

甘利氏の今回の現金授受が30年前の田舎の町会議員選挙と構造がそっくりであることに驚くほかない。今ではすっかり大物政治家になった甘利氏だが、当初から毒饅頭体質に染まっていたのではないか、と私は疑う。

甘利氏は「いい人だけと付き合ってちゃ選挙に勝てない。小選挙区だから」と述べた。皮肉にも、現在の政界の本質を見事に言い当てているではないか。この選挙制度によって当選した議員ばかりの国会自体「毒饅頭体質」に染まり切っているのではないのか。そして、こうした政治家が選ばれる日本の社会も毒饅頭体質が蔓延しているのではないのか。

吉良は赤穂浪士によって首を切られたが、甘利氏が大臣をやめただけで済むなら、毒饅頭の毒ははびこり続けるだろう。毒は政治の隅々にまで回って腐敗させ、挙句、この国を戦争にまで突きこませるのではないか。私は毒饅頭国になることを恐れる。