コラム「不可逆的」:片山通夫

昨12月28日の日韓外相会談で摩訶不思議な言葉が飛び出した。「不可逆的」という言葉だ。辞書などによると「もとに戻れないこと。可逆の反対」とある。
簡単に言うと、慰安婦問題に関して日韓双方政府は「蒸し返さない」と約束したということのようである。河野談話を「蒸し返して」無かったもののようにするとか、「慰安婦に日本軍は関知して」いなかったように装うとか、あったことをなかったように「蒸し返す」ことをしないということなのかと最初この言葉を読んだときに感じた。しかしどうもそうではないような新聞論調である。今、安倍首相や自民党右派(タカ派)を支えているいわゆるネット右翼やヘイトスピーチを繰り返す一派はこの日韓外相会議の合意をどのように見ているのか気になる所だ。

「慰安婦問題などは存在せず、補償の必要はない」と言ってはばからない彼らは、安倍首相の熱烈な支持層だ。

もし首相に「裏切られた」思いを抱くと、安倍首相や自民党タカ派の基盤を揺るがしかねない事態にもつれ込む。それは例えば「慰安婦少女像」の撤去だ。韓国政府は公式に「政府の設置したものではないから撤去命令は出せないが、説得する」というスタンス。これに対して自民党右派などは「撤去してもらわなくては・・」と早速アナウンスしている。このあたりをどうするのか妙案があるのか今のところ不明だ。
自民党タカ派やいわゆるネトウヨは「可逆的」にこの慰安婦問題を蒸し返すことになる。日韓双方が約束した「不可逆的」ではありえない。この問題は韓国国内の問題でも同様だ。漏れ聞こえてくる韓国世論は《挺対協・市民社会の反発、韓国政府が直面する新たな課題に》とハンギョレ新聞が論ずれば、保守的な朝鮮日報も《慰安婦合意:「最終的かつ不可逆的」明言、韓国は対日カード失う懸念も》と報じた。

思い起こすのは「日韓条約」時の両国がとった《経済支援》的な措置だ。あの時も「あいまい」に「法的責任」を明確にしなかった。およそ潔くない政府を抱え込んでいる日韓の国民だ。
今の韓国の大統領の父親が50年前の韓国の大統領であり、日本は佐藤栄作が総理大臣だった。

「不可逆的」とは蒸し返さないという意味ならば、これは相当難しい問題を日韓双方の政府は抱え込んだのではないか。