王仁博士について語ろう。その11

Wani

王仁(生没年不詳)は、百済から日本に渡来し、千字文と論語を伝えたとされる記紀等に記述される伝承上の人物である[1]。『日本書紀』では王仁、『古事記』では和邇吉師(わにきし)と表記されている。実在は疑問視されており、儒教を伝えた実在の王辰爾(王智仁)の功績に基づいて渡来人らが作成した伝承とする説[1]や、その姓から見て高句麗に滅ぼされた楽浪郡の漢人系の学者とする説もある。

 

最近の嫌韓ブーム(?!)なのかネット右翼がはびこっているのか、王仁博士にまでいちゃもんつけてる輩を散見する。何しろ古い話だ。歴史的な考証をすれば我が国の歴史などもいい加減あやしいと思うのだが。
そんなことより「歴史を旅する」楽しみを満喫したいものだ。おおらかに・・・。(この項完)