日本統治時代の遺産・韓国編《旧日本領事館・木浦》

 

北海道NDF_3816などで見られる通り、煉瓦つくりの近代建築。儒達山の中腹に立っていて木浦を睥睨する威容を誇る。1900年から1907年までは日本領事館として、1914年には植民地朝鮮の木浦府庁舎となった。

下の写真日本領事館は旧領事館の内部。瀟洒な窓が印象的だ。