現代時評《天皇退位「お言葉」の真意》:井上脩身

天皇陛下は8日、生前退位の意向を強くにじませた「お言葉」をビデオメッセージの形で表明した。高齢になり公務をこなすことが困難になりつつあることから、譲位の希望を示したものとして、政府は現天皇に限った特別法を制定する方向で検討を始めた。だが、「お言葉」を注意深く読むと、憲法の平和主義を体現することが象徴天皇としての務めと考えていることがわかる。国体としての天皇という明治憲法的天皇への回帰を否定したともみることができ、安部晋三首相の憲法改変路線に懸念を抱いていることがうかがえる。
続きを読む 現代時評《天皇退位「お言葉」の真意》:井上脩身

609studioメールマガジンは明日発行です。

主な項目
◇現代時評 《天皇退位「お言葉」の真意》:井上脩身
◆白石阿光の不条理ストーリー 13
「天上音楽は安住の地を天上に求めて漂白す」   作:白石阿光
◆《News Digest》:609studio編集部
◇◇ニュースな一口メモ 【北方領土、あるいは南クリル諸島】
◆編集長から: 片山通夫

 

photo journalist Michio Katayama's official site